HyqerCard Referrenceはこちらです。
ご質問やご要望があればコメントにお書き込みください。

スタックの公開(オプション編:Controlファイル)

ControlPanelの設定を保存しておいて、公開する時に反映することができます.

 

ControlPanelの起動

 Finberのアップルメニューから「ControlPanel」を選ぶとControlPanelプログラムが起動します。

 

ControlPanelの項目説明

Screen Size

 Mac!ntoshのスクリーンサイズ

  • Window:ブラウザのウィンドウサイズを使います。
  • Standard 9"(512x342):コンパクトMacのスクリーンサイズです。
  • PowerBook(640x400):初期のPowerBookのスクリーンサイズです。
  • Large(640x480):VGAのスクリーンサイズです。

 下の3つはHyqerCardのスタックサイズ指定に合わせています。ウィンドウ中央に括弧内のピクセルでデスクトップを表示し周囲は黒くしています。スタックサイズにスクリーンサイズを合わせると、全画面表示になります。コンパクトMacの時代に512x342で作られたスタックは沢山あり、その雰囲気を出すためのものです。
 
Font

 Finberやダイアログなどで使用される標準のFontを指定します。

 

Number of Cols

 Finberで表示するアイコンを横に何個並べるかを指定します。3〜6が指定でき、ファイル数がこの数を超えると2段目以降に並べます。

 

Font Smoothing

 CSSのFontSmoothingです。過去のスタックの画像を利用すると、文字が画像として書かれている場合、ビットマップフォントで書かれているのに対し、HyqerCardのボタンやフィールドの文字は標準的にはアンチエイリアスがかかってしまい、雰囲気が変わってしまいます。そのような時はFontSmoothingをnoneにするとアンチエイリアスが外れます。この値はSafariGoogleChromeで有効です。FireFoxでは無効です。

 

HyqerCard Speed

 実行速度の調節を参照


 FontSmoothingとHyqerCard Speedは当初、controlPanelでの制御をしていましたが、のちにスタックファイルのコメントに

 

speed:0
FontSmoothing:none

 

などと書くことで、controlPanelの設定に優先して反映されるようになっています。

 

ControlPanel設定の保存

 ControlPanelを起動し、Fileメニューから「Save...」を選択し、任意の名前で保存します。デフォルトでcontrolPanelです。このファイルをExporterでローカルファイルに任意の名前で保存します。


ControlPanelファイルの修正

 ControlPanelファイルはJSON形式のテキストファイルなので必要に応じでテキストエディタなどで修正してください。書式はあえて説明しませんが、上記説明を見て、テキストファイル内を見れば、なんとなくわかると思います。ScreenSizeは任意のサイズに変更できます。


公開時の反映方法

 公開する時にControlPanelファイルを「.control」というファイル名でMac!ntosh上にダウンロードされるようにしてください。冒頭「.」のファイルは隠しファイルです。

つまり以下のような感じです。

http://www.eonet.ne.jp/~gregor/hyqercard/index.html?.contorl=controlPanel&HyqeCard=HyqerCard&Home=MyHome